まつエクOK!のクレンジングはどれがいい?

 

まつげエクステ対応のクレンジングに加えて、以下の3つのポイントから選び出した、おすすめクレンジングをご紹介します。

 

W洗顔不要!

 

  • メイク落としで1回(※油汚れ)
  • 洗顔で1回(※水性の汚れ)

 

家事や仕事でくたくた〜
2回も洗顔するなんて面倒ですよね?

 

そのため、今回は、W洗顔不要のクレンジングをご紹介します。

 

刺激が強すぎない

 

乾燥肌はクレンジング後にひりひりしたり、お肌が荒れてしまうことがあります。

 

そのため、低刺激なクレンジングがおすすめです。

 

【タイプ別の強度】

 

オイル〉リキッド〉ジェル〉クリーム〉ミルク
※オイルが最も強い

 

以上のことから、乾燥肌のあなたは”ジェル・クリーム・ミルクタイプ”がおすすめです。

 

余計な添加物が含まれない

 

脂性肌・ニキビ肌・敏感肌・乾燥肌、どんな肌質だとしても、着色料、合成香料、鉱物油、エタノールなどの余計な添加物が含まれていないクレンジングがおすすめ。

 

※特に合成界面活性剤入りのクレンジングジェルなど

 

 

まつエクOK!おすすめクレンジングランキング

 

マナラホットクレンジングゲル

 

ホットクレンジングゲル

 

  • 返金保証:45日間返金保証あり
  • 内容量:200g/2か月分

  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:4,104円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

マナラホットクレンジングゲルは
着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれない無添加のクレンジングジェルです。

 

返金保証付き&200g2か月分と容量が多いため、コスパもGOOD◎

 

 

デメリットは?

 

2本で送料無料。

 

1本で送料630円と、2本まとめて売りたい戦略のようです(汗)

 

 

 

【マナラ 公式サイト】
→https://www.manara.jp

 

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

 

  • 返金保証:14日以内金保証あり
  • 内容量:150g/2か月分
  • 初回限定:3,076円
  • 通常価格:5,696円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

※初めての方限定!今ならもう1本プレゼント中!

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは極小こんにゃくスクラブ配合!
毛穴のよごれをしっかり除去します。

 

また、着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれいません。

 

デメリットは?

 

通常価格がやや、お高め

 

 

【リ・ダーマラボ 公式サイト】
→http://re-dermalab.jp

 

 

DUOザクレンジングバーム

 

 

  • 返金保証:20日以内
  • 内容量:90g(※1か月分)

  • 定期:1,800円
  • 通常:3,600円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

モンドセレクション6年連続受賞、売上個数250万個!突破のDUOザクレンジング

 

クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージケア、トリートメントの5つのケアを、これ一つでできるため、ラクチンです

 

 

デメリットは?

 

公式サイトではまつエクはNGとしています。

 

※ただ、まつエクの”色”によると思いますが・・・

 

 

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェル

 

 

  • 返金保証:10日以内
  • 内容量:200g(※60日分分)

  • 定期:2,980円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェルは
メイク落とし・洗顔・ホットーマッサージ・保湿ケア・毛穴ケアと1つで5つの機能と多機能です。

 

 

 

オルビス:クレンジングリキッド

 

クレンジングリキッド

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150mL

  • 1440円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

無油分、無香料、無着色、アルコールフリー、弱酸性でお肌に優しいオルビスのクレンジングリキッド

 

1500円以下で値段が安く、またメイクがするする〜落ちる♪

 

べたつかない、お風呂で(!)濡れた手でも使える!

 

と気軽に試せるクレンジングリキッドです。

 

デメリットは?

 

返金保証がない点です。

 

※安いので仕方がない面も・・・

 

 

→https://www.orbis.co.jp

 

 

 

クレンジングの基礎

 

クレンジングをする女性

 

オイルクレンジングのメリット・デメリット

 

オイルクレンジングとは、オイルタイプのクレンジング剤です。メイクと馴染みやすく、汚れをしっかり落とすことができるのが特徴です。

 

なめらかなオイル特有のすべりの良さで、使い心地も良いので多くの人から支持されています。メイクだけでなく、
皮脂が酸化して油汚れになってしまったものまで落とすことができます。べたつきやすく、化粧崩れの原因にもなる皮脂の分泌量が多いTゾーンにも最適です。重ね付けしたアイメークもしっかり落としてくれるのが特徴です。
しかし、メリットでもある洗浄力がデメリットにもなります。この洗浄力が、メイク以外の必要な油分までも洗い流してしまうのです。必要な皮脂まで奪いとってしまうので、肌が乾燥したり、肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。また、なめらかな感触なの滑りやすく指先に力が入ってしまいがちになります。その結果、強くマッサージしてしまったり、ゴシゴシこすってしまい、肌を傷つけてしまう可能性があります。
オイルクレンジングはしっかりメイクを落とすときには最適な商品です。使用するときは、力を入れすぎないことが大切です。また、長時間の使用を避け、しっかり洗い流すことでトラブルを回避することができます。

 

 

クレンジングクリームのメリット・デメリット

 

クレンジングクリームは油分を多めに含む、クリームタイプのクレンジング剤です。クレンジングクリームは、肌への刺激と負担が少ないことが大きなメリット。テクスチャーがやや硬めですべりが良いため、クレンジングするとき肌の上でクッションの役割を果たすため、肌にかかる摩擦や負担も少なくなるのです。油分が多く洗い上がりもしっとりと潤いを保つので、肌が乾燥しがちな方や小じわやハリの低下に悩む方のエイジングケアにも効果的。オイルやジェルタイプのクレンジングと比較すると界面活性剤の量が控えめで、適度に皮脂や保湿成分を残すので肌が弱い敏感肌の方も安心して使えます。保湿効果も高くクレンジングした後も、肌のツッパリ感がほとんどないのです。クレンジングクリームのデメリットは、界面活性剤の配合量が少ないため洗浄力は弱い点です。使用した後、ベタつきを感じることがありますが、これは界面活性剤の量が少ない肌に優しい証拠。しかしこのベタつきが好みでない方にはデメリットでしょう。洗浄力は強くないため、アイメイクなどメイクが濃いポイントメイクやウォータープルーフタイプなど、落としきれないメイクはダブル洗顔が必要になるのです。肌への負担が少ないことがメリットのクレンジングクリームですが、洗浄力が弱いことがデメリット。メイクを洗い残さないように、注意が必要です。